ブラックリスト 載った状態 楽天カード 作れるの

ブラックリストに載った状態でも楽天カードは作れるのって本当?

ブラックリストに載った状態でも楽天カードは作れるのか?

 

楽天カードはよくTVCMを流して申込者促進を行っています。

 

 

ネット上の評判でもカード審査自体があまく作りやすいとされていますが、もし仮にブラックリストに載った状態だったらどうでしょう?

 

 

ブラックリストに載った状態でも楽天カードは作れるのか?作れないのか?

 

 

答えは簡単です。

 

 

ブラックリストに載っていたら楽天カードは作れません。
というよりどのクレジットカードも作れないと思います。。

 

 

言い方を変えればブラックリストに載っている状態は100%カードは作れないといってもいいと思います。

 

 

 

ただそもそも自分自身が本当にブラックリストに載っているかどうか?

 

 

ブラックの状態か把握しているかどうかが大事になります。

 

 

 

現在ブラックリストに該当していなければ楽天カードはちゃんと作れます。

 

 

 

ブラックリストに載っている可能性があるかの見極め

 

まずはどういうときに信用情報機関にブラックリストとしてマークされるかの基準を把握しておきましょう。

 

 

 

一番ブラックリストに該当する原因になるのが借りた金額を「返済をしない」ことです。

 

 

返すお金がなく支払い遅延をするのはもちろんのこと口座に返済分の振り込みをし忘れてしまったとしても同様に「返済をしていない」とみなされます。

 

 

 

1か月・2か月の遅延・滞納までならまだ大丈夫ですが、これが3か月目に突入するとブラックリストの仲間入りになります。

 

 

ブラックリストの仲間入りになる要素をまとめると以下の通りです。

 

 

  • 3か月以上支払い遅延・返済滞納を起こした場合
  •  

  • 保証会社などが利用者の代わりに返済した場合
  •  

  • 自己破産などの債務整理をした場合

 

 

 

もうブラックリストに入ったら楽天カードは作れないの?

 

冒頭でもお伝えしたように現在がブラックリストに入っている状態だと楽天カードは作れません。

 

 

 

仮に3カ月支払い遅延を起こしていて4か月目に遅延分を完済した場合、4か月目に申し込んでもカードは作れません。

 

 

一度ブラックリストのマークがつくと抜け出すには、支払いの返済を完済してから3年〜5年は経たないといけないといわれています。

 

 

 

たいへん長いですね。

 

たった3カ月の遅延・滞納だけで3年〜5年です。

 

 

 

 

ちなみに自己破産の場合は最短でも5年はブラックリストから抜け出せないと言われています。

 

 

ブラックリストを確認するには?

 

今自分自身がブラックリストに該当しているかどうか正確に確認したいという場合は、信用情報機関に開示請求を行えば自分の状態がわかります。

 

 

窓口・郵送・インターネットそれぞれで対応をしてもらえますが、500円〜1000円の手数料はかかるので注意しましょう。

 

※ネットで確認の場合は、クレジットカードが必要。

 

 

ブラックリストに入ってるかどうかネットで確認したい方は、Yahoo!などで「信用情報機関「CIC」」で検索して確認してみてください。

 

 

まとめ

 

ブラックリストに載った状態だと、審査が甘い評判の高い楽天カードだからといってカードを作ることはできません。

 

 

もちろん他のクレジットカードでも作れません。

 

 

ただ1〜2か月までの支払い遅延・滞納であれば問題はありません。この場合であればカードが作れる可能性はあります!!

 

 

もし3か月以上の期間支払い遅延・滞納を行った場合は、利用分の完済を行ってから3〜5年はカードが作れないと覚えておきましょう。

 

 

以上をふまえてブラックリストに載っていない方は、楽天カードはきっと作れるので、安心して申し込んでみてください。

 

 

ブラックリストに該当する方はなるべく早く完済をして時が過ぎるのを待ちましょう。

 

 

 

 

 

 


当サイト人気記事TOP10

page top