クレジットカードの審査基準について

クレジットカードの審査基準の「3C」 l 申込前に覚えておこう

クレジットカードの3C

 

 

楽天カードをはじめとしたクレジットカードの審査にはカード会社ごとに独自の審査基準があります。

 

 

カード会社ごとに基準が違う為、審査が通りやすい、通りにくいという審査の厳しさがそれぞれ違います。

 

 

各カード会社ごとに求める基準レベルは違うとはいえ、どこの会社でもきちんとみている「3C」という軸の審査基準があります。

 

 

この3Cがぶれると審査が通らなくなるので、クリアできるように押さえておきましょう。

 

 

 

審査基準の「3C」とは?

 

審査基準の3Cとは以下の3つになります。

 

 

Capacity(資力・返済能力)

 

きちんとお金が払えるか?返済能力を審査

 

⇒収入が本人または周りにあるか?が主に見られます。

 

 

Character(性格・返済意志)

 

決められた期限に支払う意思があるかを審査

 

⇒今現在または今まで支払いの遅延がないか?が主に見られます。

 

 

Capital(資産・担保)

 

負債の担保として資産を持っているかを審査

 

⇒他社のローンなど借金があるか?それに対して持ち家など資産があるか?が主に見られます。

 

 

この3つがクレジットにおける重要な審査基準になります。

 

簡単に言うと、借りたものをきちんと返す人なのか?

 

返せる能力または返せる資産がある人なのか?

 

ということになります。

 

 

あたりまえと言えば、あたりまえのことですね。

 

 

 

クレジットカード会社の情報力

 

クレジットカード会社は、審査をするときに、全情連や全銀協などの信用情報機関でカード申し込み者の信用情報(いつ・どこの会社で・いくら借りて・どうなっているか)を調べています。

 

 

利用情報以外にも、過去クレジットカードの申込した履歴まで記録されています。

 

 

短期間にカードをたくさん申し込みする履歴があると、審査に通るほど信用力がないため複数のカードに申し込んでいるのか?

 

 

 

複数のカードで何か犯罪などに使われるのでは?
など悪いように思われることもあります。

 

 

 

審査基準の3Cにおいて問題のない方でも、カード審査を一度にたくさん申し込んでいることによって審査が落ちる人もいます。

 

 

 

短期間で複数のカード申し込みはせず、どうしても申し込みが必要な場合は、1か月くらいあけながら申し込みをするとOKです。

 

 

まとめ

 

どこのクレジットカードでも3Cを基準とした信用情報を大切にしています。また信用情報はカード審査会社には筒抜けです。

 

 

クレジットカードの審査においては、正直に正しい情報を入力することと、複数のクレジットカードを申し込まないことが大事です。

 

 

 

日頃から悪い印象を作らないように支払いの遅延なんかもしないようにしましょうね!!

 

 

 

 

↓↓楽天カード4月キャンペーン広告(詳細はクリックして確認してみてください)↓↓

 

 


この記事を読まれた方は、こんな記事も読まれています。

当サイト人気記事TOP10