ENEOS(エネオス)カード 楽天カード 比較

ENEOS(エネオス)カードと楽天カードを比較!どちらがエネオスでお得なのか?

ENEOS(エネオス)カードと楽天カードを比較!どちらがエネオスでお得なの?

 

国内ガソリンスタンドシェアbPのENEOS(エネオス)でガソリン給油する時にENEOS(エネオス)カードが一番お得とは限りません。

 

 

楽天カードもENEOS(エネオス)と提携を組んでいてとってもお得なんです!

 

 

今回は楽天カードとENEOS(エネオス)カードの2つどちらがお得なのか徹底比較したいと思います!

 

まずはカードの特徴・ポイント還元率から簡単に紹介します!!


楽天カードのポイント還元率

 

楽天カード

 

 

楽天カードはどこで買い物をしてもポイント還元率が1%になっており、100円につき1ポイント貯まるようになっています。

 

 

ENEOS(エネオス)で給油をするとポイント還元率が2倍の2%になり、100円につき2ポイント貯めることができるようになります。

 

 

ちなみに年会費は無料。

 

 

ENEOS(エネオス)カードのポイント還元率

 

ENEOS(エネオス)カードには3種類のカードがあります。

 

@ エネオスカードC(キャッシュバックタイプ)

 

ENEOS(エネオス)カードC

 

 

1ヶ月の利用料に応じて、3カ月後の給油単価が変動

 

 

ENEOS(エネオス)カードCの還元表

 

最大7円/L割引が可能

 

  • 年会費は初年度無料で、翌年から1,250円。

 

 

 

A エネオスカードP(ポイントタイプ)

 

ENEOS(エネオス)カードP

 

 

ENEOS(エネオス)利用でポイントが貯まるカード

 

 

  • ENEOS(エネオス)のガソリン給油・買い物利用(カー用品)で1000円ごとに30ポイント

     一般カード加盟店なら1000円ごとに6ポイント

  •  

  • 年会費は初年度無料で、翌年から1,250円。

 

 

 

B エネオスカードS(スタンダードタイプ)

 

ENEOS(エネオス)カードS

 

 

ENEOS(エネオス)で割引・ポイントが両方できるカード

 

 

  • いつでもガソリン・軽油が2円/L割引
  •  

  • ENEOS(エネオス)の買い物利用(カー用品)で1000円ごとに20ポイント

     一般カード加盟店なら1000円ごとに6ポイント

  •  

  • 年会費は初年度無料で、翌年から1,250円。

     (前年にカード1度以上利用があれば翌年の年会費は免除

 

楽天カードとENEOS(エネオス)カードを比較

 

ここまで楽天カードとエネオスカードの概要をみてきましたが、はっきり言って現時点でどちらがいいのかまったくわからないですね。

 

これからもう少し詳しく見ていきましょう!

 

 

 

楽天カードはエネオスでカード支払いをするとポイント還元率が2%とわかりやすいですが、ENEOS(エネオス)カードは3種類もあって、結局どれがいいのか特に分かりにくいです。

 

今回はガソリン給油だけすることをベースに3つのケースにて楽天とエネオスのカードを比較してみたいと思います。

 

※L=130円で計算

 

 

比較@ 月20L給油の場合(月2600円)

 

●楽天カード

 

2600×2%⇒52ポイント
52×12か月⇒1年で624ポイントお得

 

 

 

●エネオスカードC

 

2600円利用の場合⇒1円/L割引

 

20L×129⇒2580

 

2600−2580⇒20円お得
20L×12か月⇒240円お得

 

240−年会費1250円⇒1年で−1010円損

 

 

 

●エネオスカードP

 

2600円利用の場合60ポイント
60×12か月⇒720ポイント

 

720−年会費1250円⇒1年で−530円損

 

 

 

●エネオスカードS

 

20L×128⇒2560

 

2600−2560⇒40円お得
40×12か月⇒1年で480円お得
(1回利用すれば年会費は免除)

 

 

 

まとめ:比較@ 月20L給油の場合

 

楽天カードが一番お得!!
年会費がかからず、ポイントが一番貯まる。

 

エネオスカードCとPについては、年会費がかかることを考えると、ポイントや割引を差し引きするとマイナスになる

 

 

 

比較A 月50L給油の場合(月6500円)

 

●楽天カード

 

6500×2%⇒130ポイント
130×12か月⇒1年で1560ポイントお得

 

 

 

●エネオスカードC

 

6500円利用の場合⇒1円/L割引

 

50L×129⇒6450

 

6500−6450⇒50円お得
50×12か月⇒600円お得

 

600−年会費1250円⇒1年で−650円損

 

 

 

●エネオスカードP

 

6500円利用の場合180ポイント
180×12か月⇒2160ポイント

 

2160−年会費1250円⇒1年で910ポイント得

 

 

 

●エネオスカードS

 

50L×128⇒6400

 

6500−6400⇒100円お得
100×12か月⇒1年で1200円お得
(1回利用すれば年会費は免除)

 

 

 

まとめ:比較A 月50L給油の場合

 

月50Lの場合も楽天カードが一番お得!!
年会費がかからず、ポイントが一番貯まる。

 

エネオスカードCについては、月の利用料が1万円を超えないと、割引額があがらずに、割引を差し引いても結果マイナスになる

 

 

 

比較B 月100L給油の場合(月13000円)

 

●楽天カード

 

13000×2%⇒260ポイント
260×12か月⇒1年で3120ポイントお得

 

 

 

●エネオスカードC

 

13000円利用の場合⇒2円/L割引

 

100L×128⇒12800

 

13000−12800⇒200円お得
200×12か月⇒2400円お得

 

2400−年会費1250円⇒1年で1150円分お得

 

 

 

●エネオスカードP

 

13000円利用の場合390ポイント
390×12か月⇒4680ポイント

 

4680−年会費1250円⇒1年で3430ポイント得

 

 

 

●エネオスカードS

 

100L×128⇒12800

 

13000−12800⇒200円お得
200×12か月⇒1年で2400円お得
(1回利用すれば年会費は免除)

 

 

 

まとめ:比較B 月100L給油の場合

 

エネオスカードPが一番お得!!
年会費がかかっても、ポイントが一番よく貯まる。

 

エネオスカードPの注意点としてポイントが貯まるのは1000円単位なので、月に990円の利用だとポイントが貯まらない。

 

ガソリンを入れる量が増えることも大事だけど、ひと月の利用量として1000円単位になるようにするということが大事。

 

 

 

 

比較C 月150L給油の場合(月19500円)

 

●楽天カード

 

19500×2%⇒390ポイント
390×12か月⇒1年で4680ポイントお得

 

 

 

●エネオスカードC

 

19500円利用の場合⇒2円/L割引

 

150L×128⇒19200

 

19500−19200⇒300円お得
300×12か月⇒3600円お得

 

3600−年会費1250円⇒1年で2350円分お得

 

 

 

●エネオスカードP

 

19500円利用の場合570ポイント
570×12か月⇒6840ポイント

 

6840−年会費1250円⇒1年で5590ポイント得

 

 

 

●エネオスカードS

 

150L×128⇒19200

 

19500−19200⇒300円お得
300×12か月⇒1年で3600円お得
(1回利用すれば年会費は免除)

 

 

 

まとめ:比較C 月150L給油の場合

 

エネオスカードPが一番お得!!
年会費がかかっても、ポイントが一番よく貯まる。

 

エネオスカードCは損なカード? 比較D

 

上記であげたどのケースではどれもエネオスカードCは損するカードでしたが、得になるケースもあります。

 

 

エネオスカードCが特になる為には、

 

ENEOS(エネオス)の利用と特に一般加盟店でのカード利用が多くないといけません。

 

ENEOS(エネオス)カードCの還元表
↑↑ENEOS(エネオス)利用と一般加盟店での利用があればたくさんあれば
ガソリン給油もかなりお得です。

 

 

エネオスカードCがお得になるケースを見てみましょう。

 

 

※L=130円で計算
※一般買い物を6万円(月)した場合
※ひと月に150L利用

 

 

 

●楽天カード

 

給油:19500×2%⇒390ポイント
一般買い物:60000×1%⇒600ポイント
990×12か月⇒1年で11880ポイントお得

 

 

 

●エネオスカードC

 

給油19500円と一般買い物6万円利用の場合⇒7円/L割引

 

150×123⇒18450

 

19500−18450⇒1050円お得
1050×12か月⇒12600円お得

 

12600−年会費1250円⇒1年で11350円分お得

 

 

 

●エネオスカードP

 

給油19500円利用の場合570ポイント
一般買い物60000円利用の場合360ポイント

 

930×12か月⇒11160ポイントお得

 

11160−年会費1250円⇒1年で9910ポイント得

 

 

 

●エネオスカードS

 

給油:150×128⇒19200
一般買い物60000円利用の場合360ポイント

 

19500−19200⇒300円お得

 

660×12か月⇒1年で7920円お得
(1回利用すれば年会費は免除)

 

 

 

まとめ:比較D エネオスカードCがお得になるケース

 

一般の買い物にエネオスカードCを利用して金額が多ければ
エネオスカードCがエネオスカードの中でも一番お得になります。

 

 

ただ楽天カードの方が一般買い物でのポイント還元率がいいので、
エネオスカードCよりも楽天カードの方がお得です。

 

 

 

楽天カードとENEOS(エネオス)カードの比較総括

 

楽天カードとENEOS(エネオス)カードを比較した結果、ガソリン・買い物をする量によってお得なカードが変わるということがわかりました。

 

 

簡単にまとめると、

 

@月20Lの利用の場合、楽天カードがお得

 

A月50Lの利用の場合、楽天カードがお得

 

B月100Lの利用の場合、エネオスカードPがお得

 

C月150Lの利用の場合、エネオスカードPがお得

 

D月150Lの利用で買い物をたくさんする場合、楽天カードがお得

 

このような感じになります。

 

 

 

月100L以下なら楽天カード、

 

月100L以上給油するならエネオスカードP

 

という感じで使い分けるのが一番おすすめです。

 

 

 

今回比較したケースではL=130円でガソリン給油の計算していますが、
L=140円になったり、150円になったりすると、また微妙に還元結果も変わったりするのであくまでカード還元の目安として見ていただければと思います。

 

 

 

ENEOS(エネオス)で給油利用するときは基本的に楽天カードかエネオスカードPを使っていくのがいいと思います〜♪

 

 

 

自分が利用するガソリンの給油量に応じて一番メリットの高いカードを使うようにしましょ〜!!

 

 

 

 

楽天カードのお申し込みや詳細はこちら

 

 

 

エネオスカードの申込や詳細はこちら

 

 

 

 

↓↓楽天カード入会キャンペーン実施中♪(キャンペーンは9月25日まで)↓↓

この記事を読まれた方は、こんな記事も読まれています。