楽天カードを解約するときの注意について

楽天カードの解約する時の注意点

楽天カードの解約の注意点

 

楽天カードの解約手続きは、電話をかけて自動音声に従ってカード情報などをプッシュしていけば簡単に解約手続きを行うことができます。

 

 

カードを解約するのはすごく簡単ですが、解約する前に確認した方がいい注意点がいくつかあるのでまとめてみました。

 

 

解約の注意点よりも楽天カードの解約の手順が知りたい方はこちらへ

 

 

解約注意点@ 楽天カードの利用した残りの支払いはないか?

 

 

楽天カードを解約したからと言って、カード利用分の支払いがなくなることはありません。

 

すごくあたりまえなことですが、気を抜いて忘れないようにしないといけません。

 

 

 

解約したことによって、カードの利用分の振込などを忘れて支払い遅延にならないようにしましょう。

 

基本的には、解約をする前に利用分は完済してからカード解約するほうがいいと思います。

 

 

 

解約注意点A 携帯や公共料金などの自動引き落としはないか?

 

 

楽天カードで、電気・水道・ガスなどの公共料金や携帯電話の料金などの月々自動で引き落としされるものを設定していた場合は、違うカードまたは口座から引き落としされるように支払いの変更手続きを行っておくようにしましょう。

 

 

カードを解約してからは支払いができないので、変更できていないと支払いが未払いになり自動的に遅延扱いになってしまう恐れがあります。

 

 

ここに該当する方は、忘れないように変更しておきましょう。

 

 

 

解約注意点B 短期解約はマイナス評価

 

 

カード解約自体は、電話一本で簡単に解約ができてしまいますが、カードを今まで利用した契約情報は残るので、短い期間でのカード解約は今後のカードを作る審査において悪影響になることがあります。

 

 

特にクレジットカードを作ってからすぐに解約を行うと、入会ポイントだけの目的で作られていると見られてしまいます。

 

 

クレジットカード(楽天カード)を作ったら、短くてもだいたい半年〜1年くらいは持っておくことが無難です。

 

 

特に楽天カードは年会費がかからないので、なるべく長くもっておくほうがいいと思います。

 

 

 

解約注意点C 同じカードは再入会しにくくなる

 

 

楽天カードを始めとしたクレジットカードは、一度解約すると、再入会の際にカード審査に通りにくくなる傾向があるので、解約する前にこれからもう使わないかな?というのをしっかり考えてから解約するようにしましょう。

 

 

 

解約する前に覚えておくといい2つのポイント。

 

楽天カードの楽天ポイントはなくならない。

 

時々勘違いされる方もいるのですが、楽天カードを解約しても、楽天会員の退会にはなりません。

 

楽天会員と楽天カードは別物です。

 

したがって、楽天のポイントはカードを解約してもそのまま利用することができます。

 

 

楽天のメルマガはカードを解約しなくても簡単に停止することができる。

 

楽天カードを申し込むとたくさんのメルマガが届いてうざい、メルマガが来るくらいならカードも使わないし、カードを解約しようと思う方もいるかもしれませんが、メルマガは楽天カードのネットサイトから簡単に配信解除できます。

 

メルマガ原因のカード解約ならまずは配信解除がおすすめです。

 

楽天メルマガの解除のやり方についてはこちら

 

 

まとめ

 

楽天カードの解約する時には、残りカード利用分の支払いの有無、公共料金自動引き落としの有無、解約が短期すぎないかを確認してから解約手続きすればOKです。

 

 

今後別のクレジットカードを持つこともあると思うので、個人情報の信用度を落とさないためにも半年〜1年くらいは楽天カードを所持・利用はしておきましょう!!

 

 

 

↓↓楽天カード入会ポイントプレゼントキャンペーン実施中♪↓↓

 

 

 


この記事を読まれた方は、こんな記事も読まれています。