働いてなくても持てるクレジットカード

働いてなくてもクレジットカードって作れるの?

 

 

クレジットカードを作成しようと思ったら

 

安定した収入・今までの借入利用状態(支払い遅延の有無など)・資産の有無の3点を重点的に見られます。

 

 

 

 

 

この3つの中でもみんなが気にするのが、

 

「安定した収入」があるかどうかのところだと思います。

 

 

 

 

 

 

正社員などの安定した仕事をしていた方がカード審査に有利なのは間違いありませんが、仕事してないとしても条件さえあえば、働いてなくてもカードは作れる可能性はあります。

 

 

 

 

 

属性としては、「専業主婦」「学生」「無職(家事手伝い)」があります。

 

これらの属性で審査通過しようと思ったら、世帯収入で「安定した収入」があることを証明するということが大事になってきます。

 

 

 

配偶者税込年収
↑↑ 配偶者の収入入力画面 ↑↑

 

 

 

世帯年収
↑↑ 世帯収入入力画面 ↑↑

 

 

 

 

上記の画像画面は楽天カードの申込画面から抜粋したものです。

 

 

 

これらの配偶者収入・世帯収入を入力することにより働いていなくてもカードが作れる可能性はでてきます。

 

 

ただし本人ではない収入なので、厳密に言えば信用能力の評価としては低いです。

 

したがって、カードが作れる可能性は低いと考えておいた方がいいかとは思います。

 

まとめ

 

働いてなくてもクレジットカードが作れるかどうかについては、「作れる可能性はある」というのが答えになります。

 

 

 

 

ただし、やはり働いていないと収入を得ていないとクレジットカードは審査が厳しいです。

 

旦那収入の専業主婦ならまだしも、ニート・無職・家事手伝いだとどちらかというと作れないという認識でいるといいと思います。

 

 

ニート・無職・家事手伝いの場合は申し込むとしたらダメもとで、ただできるだけで短期アルバイトでもいいので収入を得てから申込をすることを推奨します。

 

 

この記事を読まれた方は、こんな記事も読まれています。

当サイト人気記事TOP10

page top