楽天カードの入会ポイントがたくさんもらえる理由とは

楽天カードの入会ポイントが貰える理由

楽天カードの入会ポイントがたくさん貰える理由

 

楽天カードは入会することにより大量のポイントが貰えます。

 

入会する特典として貰えるポイントは5000ポイント。

 

 

 

 

1ポイント=1円で換算できるものなので、

 

金額にしてあらわすと5000円分のポイントが貰えることになります。

 

 

 

 

 

楽天カードは年会費が無料なのに、

 

こんなに入会でポイントを入会者に渡してしまって本当に大丈夫なのか?

 

なぜ入会ポイントがこんなにも貰えるのか?

 

と考えたこと、疑問に思ったことってないですか?

 

 

 

 

 

楽天カードがポイントをプレゼントしても大丈夫な理由について

 

調べてまとめたので、気になる方はどうぞご覧ください。


そもそも利益はどこからでてくるの

 

繰り返しになりますが、楽天カードは年会費が完全無料です。

 

年会費が無料なのにどこから利益が発生するのか?

 

まずは利益が発生する流れを見てみましょう。

 

 

 

 

登場人物は3人です。カード利用者・カード加盟店(お店)・カード会社。

 

カードを支払いするときのイメージは下記のような感じです。

 

クレジットカードの支払い・利益イメージ

 

 

@カードで買い物

 

 ⇒カード利用者がお店(カード加盟店)でカードを使って買い物

 

A商品をお渡し

 

 ⇒お店が購入した商品をカード利用者にお渡し

 

B代金を請求

 

 ⇒カード会社にカード利用者の買い物代金の請求

 

C代金支払

 

 ⇒お店(カード加盟店)に
  加盟店手数料を差し引いて代金支払い

 

Dカード利用分請求

 

 ⇒カード会社からカード利用者に利用分の代金を請求
(リボ・分割払いを利用時には手数料も請求)

 

E代金を支払い

 

 ⇒カード会社へカード利用分の支払いを実施。

 

 

 

 

カードを利用するときの流れはこんな感じです。

 

 

 

 

赤字で書いたところが、カード会社が利益になるところです。

 

加盟店手数料差引とリボ・分割払いなどによる手数料が利益。

 

 

 

 

 

簡単に言えば、楽天カードは年会費が無料ですが、

 

カード利用者が楽天カードを使って買い物をすることにより

 

利用したお店から手数料が楽天に入ることになっています。

 

 

 

 

 

とはいっても楽天カードの場合は、入会ポイントのプレゼントが大きいので、

 

ただカードを作っただけでカード利用されなかったら、

 

単純に赤字になってしまう恐れがありますが、

 

楽天カードを利用するメリットが大きいので大丈夫です。

 

楽天カードを作った人たちは使わない人よりも使う人のほうが圧倒的に多いので、

 

入会ポイントを大量にプレゼントしてももとが取れています。

 

 

 

 

 

楽天カードを作ってみんなが利用する大きな理由・メリットはなんといっても

 

ポイントが高ポイント還元なところです。

 

年会費無料のクレジットカードだと、ポイント還元率の相場は0.5%ですが、

 

楽天カードのポイント還元率はその2倍の1%になっています。

 

どこのお店で買い物や支払いをしてもかならず1%のポイントが貯まるようになっているので、

 

どの年会費無料カードよりもポイントが貯まりやすいです。

 

 

 

 

 

まとめ

 

楽天カードの入会ポイントをたくさんプレゼントしても大丈夫な理由は

 

カードを作った人たちがたくさんカード利用すればもとが取れるからです。

 

 

 

楽天カードは他社のクレジットカードよりも

 

待遇のいいポイント還元率でポイントを貯めることができる優良カードなので

 

たくさんカードを利用してしまう方がとっても多いです。

 

 

 

カードを作ってから無理して買い物をたくさんする必要はありませんが、

 

カードを利用する機会があるときには、

 

楽天カードを利用するとポイントもたくさん貯まってお得なカードだと思います。

 

 

 

 

 

↓↓楽天カード実施中のキャンペーン広告(詳細はクリックして確認してみてください)↓↓

 

 

 

当サイト人気記事TOP10

page top