楽天カードの審査が落ちた時の注意事項。

楽天カードの審査が落ちた時にしてはいけないこと。

楽天カードの審査が落ちた時の注意点

 

 

どのクレジットカードにも審査があり、

 

申し込んだからと言って必ずしもカードが手に入るとは限りません。

 

 

 

今回は、楽天カードを申し込んでみたけど、

 

審査が通らなかった場合の注意事項についてまとめてみました。

 

 

審査が通らなかったらといって、すぐに再申込をしない

 

楽天カードの申込をしたけど、残念ながら審査を通過できなかった場合は、

 

すぐに再申込だけはしないようにしましょう。

 

 

 

 

一度カードを作ることができなかった場合は、再度申し込みをしたとしても

 

ほとんどの場合、カード作成できることはありません。

 

 

 

 

クレジットカードの申込をすると、楽天カードの会社だけでなく、

 

個人情報を管理する個人信用情報機関と日本信用情報機構にカード申し込みをした

 

履歴が残るようになっています。

 

 

 

 

 

この履歴が残っていることにより、

 

審査は通らなかったという烙印が押されてしまうことを指しています。

 

 

 

 

 

連続で申込をしてしまうと、クレジット利用における信用度が

 

さらに下がってしまうことになるので、再申込を急いではいけません。

 

 

 

 

 

再申込をする理由として、前回が入力ミスだったから、前回と違う入力して再申込した場合には、

 

虚偽として判断されることも多々あるので、注意が必要です。

 

 

 

再申込をする場合は、期間をあけること

 

 

どうしてもカードが欲しくて再申込を希望する場合は、

 

6か月間(半年)は間をあけるようにしましょう!

 

 

 

カード申込をした情報は情報機関に半年間ほど履歴として残るようになっています。

 

なので、半年ほど時間をあけて申し込みをすれば前回の履歴なしで申込にのぞむことができます。

 

 

 

また半年もたてば借入金額(ローン)が減っていたり、収入が増えていたり、カード利用が増えたりなど

 

状況も変わり審査が通る可能性が増えてきます。

 

 

 

まとめ

 

楽天カードで審査に通らなかった場合には、すぐに再申込はしないようにしましょう。

 

再申込にチャレンジしたい場合は、半年間は期間をあけてから申込を実施するようにしましょう!

 

 

 

これから楽天カードに申込をするけど、審査が不安な方は

 

クレジットカードの審査に受かるためのコツをまとめているので、チェックしてみてくださいね!

 

 

 

楽天カードの審査に受かるためのコツについてはこちら

 

 

 

↓↓楽天カード実施中のキャンペーン広告(詳細はクリックして確認してみてください)↓↓

 

 

 


当サイト人気記事TOP10

page top