楽天カードは使いやすいカード!カード1枚目・初心者に最適

楽天カードは使いやすいカード!カード1枚目・カード初心者に最適

楽天カードは使いやすいカード!カード1枚目・カード初心者に最適!

 

TVCMでよく流れている楽天カードはとっても使いやすいカードです。

 

特にカード1枚目に持つ方、初めて持つ初心者の方にはすごくおすすめ!

 

どんな風に使いやすくて、おすすめなのか今回紹介します !(^ ^)!

 


使いやすい秘訣@ お金がかからないこと

 

まず楽天カードの使いやすい秘訣としては、お金がかからないことです。

 

年会費が完全無料でカードを所持しているだけでお金がかかることはありません。

 

 

 

普段そんなにカードを頻繁に使わないとしても

 

ネットショッピングや現金の持ち合わせがないときなど

 

カードを1枚もっているだけでいざという時に役立ちます。

 

 

 

楽天カードはお金がかからないので、持っているだけでメリットがあります。

 

 

 

 

使いやすい秘訣A どこでもポイントがたくさん貯まる

 

ほとんどのクレジットカードはカードの専門店で

 

利用するとポイントが倍増する仕組みになっています。

 

 

 

通常クレジットカードを持つうえでポイントをしっかり貯めるには、

 

一番よく利用するお店のカードを持つことだと思います。

 

 

 

 

でも一番よく利用するお店が特に決まっていなかったり、

 

ほどよく利用する店がバラバラだったらけっこう困ると思います。

 

 

 

 

どういうことかというと、

 

専門店ごとにカードを持っていたら、利用するカードがバラバラでなかなかポイントが貯まらなかったり、

 

複数枚持っていると、サイフの中のカード枚数がたくさん増えてしまいます。

 

 

 

 

もっというと、カードをたくさん持っていると、

 

途中でカード入会の審査すら通過することができなくなってしまいます。

 

 

 

 

この店だけカードで買い物したいという感じではなく、

 

いろんな店で買い物する方には楽天カードが使いやすいです。

 

 

 

 

楽天カードはどのお店で買い物をしても購入した金額に対して

 

1%のポイントがつくようになっています。

 

 

このポイント還元のいいところはどのお店でもというところです。

 

 

 

 

一般的に年会費無料のカードでカード専門店以外のお店で買い物すると

 

たいてい0.5%のポイントがつくことが多いです。

 

 

 

要は楽天カードは一般の年会費無料カードの2倍ポイントがつくことになります。

 

 

 

 

もちろん楽天カードも専門店として、楽天系列のネットで買い物や利用をすれば

 

さらに2倍の2%のポイントを貯めることだってできます。

 

 

 

 

ちょっと長くなりましたが一言でまとめると、

 

楽天カードはどこのお店でもポイントが貯まりやすいです。

 

カード1枚持っているだけでどこのお店でもいっぱいポイントが貯まる

 

 

 

使いやすい秘訣B 豊富な支払方法

 

楽天カードは所持や買い物だけでなく、

 

利用した後の支払い方法も豊富な選択肢があり使いやすいです。

 

 

 

楽天カードの利用できる支払い方法は以下の通りです。

 

  • 1回払い(手数料無料)
  •  

  • 2回払い(手数料無料)
  •  

  • リボ払い
  •  

  • 分割払い
  •  

  • ボーナス1回払い/2回払い

    (ボーナス1回は手数料無料)

 

 

 

どのクレジットカードでも1回払い・リボ払いはほとんどありますが、

 

2回払いや分割払いは利用できないカードも結構あります。

 

 

 

 

1回払いやリボ払い以外にも支払いをする選択肢が広いところが

 

楽天カードの使いやすさの秘訣の一つだと思います。

 

 

 

まとめ

 

楽天カードはお金がかからずに利用すればポイントがしっかり貯まり、

 

返済方法もたくさんあり、負担のかからない支払いをすることができるカードです。

 

 

 

 

ゴールドカードのような空港ラウンジが利用できるような特別サービスはついていませんが、

 

シンプルにカードを利用するうえでの利便さは兼ね備えています。

 

 

 

 

楽天カードはカード1枚目の方、初めてカードをもつ初心者の方には

 

うってつけのカードだと思います(*^▽^*)

 

 

 

 

↓↓楽天カード実施中のキャンペーン広告(詳細はクリックして確認してみてください)↓↓

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は、こんな記事も読まれています。

当サイト人気記事TOP10

page top