楽天カードETCカードのメリット・デメリット

楽天ETCカードでポイント獲得!メリット/デメリット紹介

楽天ETCカードの特徴

 

楽天カードを持っていたら、高速道路のETCに対応できる

 

楽天ETCカードを発行することができます。

 

 

 

ETCカードを持っていない方は、楽天ETCカードを持ちたいところだと思います。

 

今回は楽天ETCカードのいいところ・悪いところの特徴をまとめてみました。

 

 

 

楽天ETCカードのメリット ETC利用でポイントが貯まる!!

 

 

楽天ETCカードは、高速道路を利用すればするほどポイントが貯まります。

 

カードを使うと、楽天スーパーポイントとETCマイレージが貯まっていきます。

 

 

楽天スーパーポイントは

 

通行料金100円につき1ポイントが貯まっていきます。

 

 

 

ETCマイレージは

 

高速道路の1回の利用ごとに50円につき1ポイントが貯まっていきます。

 

 

ETC割引を受けて走るだけでなく、ポイントが貯まってさらにお得。

 

 

 

 

 

楽天ETCカードのデメリット 年会費がかかる。

 

 

楽天ETCカードは年会費として540円がかかります。

 

 

初年度無料や年会費免除のノルマも一切無いので、

 

年会費の支払いが確実に必要です。

 

 

 

楽天カードは年会費が無料なのに、楽天ETCカードはなんで年会費がかかるの?と

 

思っちゃいます。

 

 

ETCカードを持っていない人にとっては、ちょっとイケてないですね。

 

 

 

まとめ

 

楽天ETCカードの一番の気になるところは年会費がかかるというところです。

 

 

 

楽天系列でカードをまとめて揃えておきたい方はいいのですが、

 

 

 

とくに楽天カードにこだわりがない方は、

 

ETCカードは別のカードをもってみるのも手だと思います。

 

 

 

年会費をかけずにETCカードを持てるカードと言えば。。。。

 

●出光カードまいどプラス

 

●ライフカード

 

●ファミマTカード

 

この3つがオススメです。

 

全部年会費が一切かかりません。

 

 

どれを持つかは、出光をよく利用するとか、

 

ファミマをよく利用するとかの利用用途で選べばOKだと思います。

 

 

 

 

↓↓楽天カード入会キャンペーン実施中♪↓↓