楽天カードと楽天PINKカード申し込むならどっちがいいの?

楽天カードと楽天PINKカード申し込むのならどちらがいいのか。

楽天カードと楽天PINKカード申し込むならどっち

2015年5月になってから突如として楽天に新カードが誕生しました!!

 

新しいカードの名前は「楽天PINKカード」

 

この楽天PINKカードは楽天カード株式会社が利用者それぞれのライフスタイルに適応できる女性向けのカードとして作ることとなったものです!!

 

これまで楽天のクレジットカードで女性向けのカードは聞いたことがありません。
どんなところが女性向けなのか気になりますね(*^_^*)

 

これからカード申し込みするのなら楽天カードと楽天PINKカードはどっちがお得なのかを2つのカードの違いをふまえてご紹介したいと思います!

 

楽天カードと楽天PINKカードサービス詳細

 

まずはそれぞれのカードサービスの詳細を見ておきましょう!

 

 

楽天カード

楽天PINKカード

カードの色

白(シルバー)

ピンク

申込できる年齢 満18歳以上(高校生はできない)
カードブランド VISA・MasterCard・JCB
年会費 永年無料
カード発行の早さ 即日発行
カード郵送スピード 発行が完了してから5日〜1週間程度
発行手数料の有無 無料
支払いについて

クレジット払いできる種類
1回、2回、リボ、分割、ボーナス1回

カード利用の締日 当月月末
口座引き落とし日 翌月27日
ポイント

楽天スーパーポイント
(楽天市場・楽天加盟店にて利用可能)

ポイント還元率

基本:1%(100円の買い物につき1ポイントが貯まる)

 

楽天グループ・加盟店:2%
楽天市場:4%〜10%(買い物するお店によって変動)

ポイント有効期限

ポイントが付いた日から1年間。
有効期限が切れるまでに買い物すれば、
保有ポイントを含めて買い物した日からさらに1年更新

海外旅行保険

海外のカード利用について損害保険がおりる利用付帯

 

死亡後遺障害・・・最大2000万円
傷害疾病治療・・・最大200万円
賠償責任・・・・・・・最大2000万円
携行品損害・・・・・最大20万円(免責3000円)
救援者費用・・・・・最大200万円

あんしん機能

@カード利用お知らせメール発行
A商品未着あんしん制度
⇒楽天の商品が来ないときに請求取り消し可能
(調査判決あり)
Bネット不正あんしん制度
⇒楽天を含むネットショッピングにて不正利用が
合った場合に最大500万円補償される

ETCカード

年会費540円必要。発行手数料は無料
⇒申込時に楽天ランクがプラチナかダイヤモンドなら初年度年会費無料

家族カード 対応あり。年会費無料
カスタマイズオプション

なし

あり

 

カードサービスの詳細表を作ってみたものの。

 

2つのカードはほぼ全部内容が同じですね。。。

 

びっくりするくらい一緒です(^_^;)

 

 

唯一2つのカードの違いが見受けられるのが、「カードの色」と「カスタマイズオプション」というところの部分だけ。

 

 

ポイント:
基本のカードサービスは楽天カードと楽天PINKカードは同じ!

 

 

今度はこの2枚のカードの違う部分にフォーカスをあてて詳しくみてみましょう!

 

 

2つのカードの違いとは?

 

楽天カードと楽天PINKカードの違いは「カードの色」と「カスタマイズオプション」というところでしたね。こちらをひとつずつ詳しく把握していきましょう!

 

 

違い@ カードの色 (白とピンク)

 

 

★ 楽天カード ★
楽天カード

 

 

★ 楽天PINKカード ★
楽天PINKカード

 

 

上記の画像の通り、2つのカードの色が違います!

 

 

楽天カードは白というかシルバー色に対して、楽天PINKカードは名前の通りピンク色のカードになっています。

 

ピンクを身に着けたり集めたりするのは女性の方が多いので、楽天PINKカードはまさに女性向けを意識したカラーリングになっています。

 

色を気にしない方にとっては、いいかもしれませんが、人によってはちょっとピンクは嫌だな〜と思う方もいると思うので好き嫌いが分かれるかもしれませんね。

 

好みの色に応じてカードを選ぶのもいいと思います(*^-^)v

 

 

 

違いA カスタマイズオプション

 

このカスタマイズオプションが楽天カードと楽天PINKカード唯一のカードサービス機能の違いになります!

 

楽天PINKカードだけ限定でカスタマイズオプションというサービス制度があります。(楽天カードの方にはないサービス)

 

 

このカスタマイズオプションサービスがどういうものか簡単に言うと、月額300円程度支払えば割引クーポンがもらえたり、保険や補償をつけることができる有料サービスになります。

 

 

このカスタマイズオプションサービスは大きく分けると3種類の有料サービスになっています。

 

ひとつずつ詳しく見てみましょう〜♪

 

@楽天グループ優待サービス 月額324円

 

楽天グループ優待サービスはまさに「楽天」での利用が最大限にお得になるサービスです。具体的にお得になる内容は下記のような感じです!

 

  • 楽天トラベル(国内宿泊の予約が1000円割引)
  •  

  • 楽天ブックス(本、CD、DVD、ゲームガ100円割引)
  •  

  • 楽天24(パンテーンの対象商品が10%割引)
  •  

  • 楽天KOBO(すべての電子書籍が5%割引)
  •  

  • 楽天SHOWTIME(映画やアニメが全品20%割引)
  •  

  • 楽天GORA(ゴルフ場の予約で1000円割引)
  •  

  • 楽天オーネット(入会したら2000ポイントプレゼント)

 

など楽天の名前が付くところで割引や特典のサービスクーポンが貰えるようになります。

 

↓↓楽天グループ優待サービスの一部はこちら↓↓
楽天グループ優待サービスの一部はこちら

【2016年6月30日時点の確認情報】

 

 

Aライフスタイル応援サービス 月額324円

 

ライフスタイル応援サービスは普段の私生活に密着して、さまざまな店舗での利用がお得になるサービスです。具体的にお得になる内容は下記のような感じです!

 

  • クックパッド(プレミアムサービスの2カ月分が無料に)
  •  

  • ラフィネ(ギフトカード2160円が1850円へ割引)
  •  

  • サブウェイ⇒パーティートレイA(2680円が2300円に割引)
  •  

  • イタリアン・トマト Cafe Jr.⇒パスタまたはカットケーキ注文でコーヒーor紅茶1杯無料サービス
  •  

  • ABCクッキングスタジオ⇒入会金12960円が6480円へ割引
  •  

  • TOHOシネマズ⇒1800円のチケットが1500円へ割引

 

など楽天以外のいろんなお店で利用できる割引や特典のサービスクーポンが貰えるようになります。

 

↓↓ライフスタイル応援サービスの一部はこちら↓↓
ライフスタイル応援サービスの一部はこちら

【2016年6月30日時点の確認情報】

 

 

B女性のための保険

 

女性のための保険は乳がんや子宮筋腫などの女性特有の病気やけがの補償から個人賠償までの日常生活のサポートをする保険となっています。

 

各保険や補償においてサポートする内容・保険料が変わってくるので見ておきましょう!

 

  • 女性特定疾病補償プラン 月額30円〜

    (乳がんや子宮筋腫など女性特有の病気保険)
    保険料

  •  

  • けがの補償プラン 月額240円

    ⇒国内海外どちらでも、けがをしたときの入院/手術にかかる費用の補償をするもの

  •  

  • 携行品損害補償プラン 月額330円

    ⇒突然起きた偶然の事故に対して携行品の損害を補償するもの(最大50万円まで補償)

  •  

  • 個人賠償責任事故補償プラン 月額220円

    ⇒自転車の事故などの対相手があるトラブルによる損害賠償を補償するもの

 

楽天PINKカード女性のための保険サービス

【2016年6月30日時点の確認情報】

 

 

カスタマイズオプションはこのように楽天がお得になるサービス・私生活のお店利用がお得になるサービス・もしものときの補償/女性のための保険サービスの3つからなりたっていました。

 

どのサービスにおいても300円前後の費用がかかってきますが、これらを利用する方がお得かとうかについては、利用するお店があるかどうかが一番大事だと思います。

 

ポイント:
楽天優待サービスについては、楽天トラベルとか楽天ブックスとかよく利用するお店が1店舗でもあるのなら利用してもいいと思います。

 

ライフスタイル応援サービスについては、上にあげた一例以外にも全部のサービス特典の数を数えると111,000以上あるようなので到底ここに載せることができません。なので割引があったらいろんなお店をどんどん試してみたいという方に向いてるのではないかなと思います。

 

女性のための保険サービスは、この3つのオプションプランの中でも一番おすすめです。医療保険などにすでに入っている場合はいらないかもしれないけど、入っていないのなら利用してみるのは全然ありだと思います。保険料としても1000円いかないので、普通に保険とみたときに安い!と私は思いました!

 

楽天PINKカードは男性でも申込はできるのか?

 

楽天PINKカードのカスタマイズオプションの内容をみてどんなものか分かったところで、次に気になるのが、そもそも楽天PINKカードは男性でも申込できるのかというところです。

 

楽天カード会社が楽天PINKカードは女性向けのカードとして運営しているので、男性は使えないのではと思ってしまいます。

 

実際のところどうなのか?確認してみたところ・・・・

 

男性の皆さん安心してください!

 

楽天PINKカードは男性でも申込できるようです!

 

普通にカード作成・利用が可能です(*^^)v

 

ただしカスタマイズオプションサービスの女性特定疾病補償プランだけ、女性専用なので男性は利用ができないようです。

 

当たり前と言えば当たり前ですね。。。

 

女性特定疾病補償プランが補償する乳がんとか子宮筋腫は男性の方はならないですもんね(^_^;)

 

ポイント:
楽天PINKカードは男性でも利用することができる!
女性特定疾病補償プラン以外のサービスが男性は利用できる。女性はもちろん全部利用が可能!

 

まとめ

 

楽天カードと楽天PINKカードの違いをベースにここまでまとめてきました。

 

楽天カードと楽天PINKカードは年会費無料やポイント還元率といった基本部分はまったく同じで2つのカードの大きな違いはカードの色有料サービスがつけれるかつけれないかになっています。

 

 

カードの色については、これはもうお好みでいいと思います(^^)/

 

シルバーが好きだったら楽天カード。

 

ピンクが好きだったら楽天PINKカードでいいと思います。

 

 

 

有料サービスについては、あくまでオプションで備わっているだけなので、有料サービス自体をつけてもつけなくてもどちらでもOKなので、もしあとでつけたいと思った時のことを考えると楽天PINKカードの方がいいのではないかなと思います。

 

 

なぜ楽天PINKカードのほうがいいのかというと、楽天カードから楽天PINKカードへ途中切替する場合は、1000円の手数料が必要になるからです。

 

また切り替えの際には手数料だけでなく、切り替え発行の時にはカード再審査が必要となるのでカードが作れなかったり利用限度額が低くなってしまう可能性があるので注意しましょう。

 

 

結局どちらのカードがいいのかをかんたんにまとめると、

 

・どちらのカードでもいいのなら楽天PINKカードがおすすめ。

 

・有料サービスを使ってみたいのなら楽天PINKカードがおすすめ。

 

・ピンク色が嫌いなら楽天カードがおすすめです。

 

 

カードの色が嫌いでなければ楽天PINKを選んでおけば間違いないでしょう(^^)

 

 

このような2つのカードには細かい違いはありますが、どちらのカードも楽天カードベースなので年会費無料・高ポイント還元・入会ポイントプレゼントをしていてとってもお得なカードです!

 

 

どちらを選んでもお得に利用できることは間違いなしです(*^ ^)v!

 

 

楽天カード・楽天PINKカードの申込・カードキャンペーン情報・詳しい詳細については公式サイトを引き続きご覧になってみてください。

 

 

楽天カードのお申し込みや詳細はこちら

 

 

 

↓↓楽天カード入会キャンペーン実施中♪(キャンペーンは9月25日まで)↓↓


この記事を読まれた方は、こんな記事も読まれています。