楽天スーパーポイントを現金にするには?

楽天カードキャンペーンのお知らせ

楽天スーパーポイントを現金化する方法【金券・ギフト券】

楽天スーパーポイントを現金化する方法

 

楽天カードで貯めた楽天スーパーポイントは現金化することができます。

 

楽天スーパーポイントの現金化する方法としては、楽天市場でギフト券(商品券)などの金券類を楽天スーパーポイントで購入して、そのギフト券を金券ショップで転売することにより楽天スーパーポイントを現金化することができます。

 

↓楽天市場で販売しているギフト券・商品券はこちらです↓

 

ギフト券も楽天スーパーポイントで交換できます!

 

楽天市場(JCBギフトカード 商品券)検索結果はこちら

 

 

 

楽天スーパーポイントの現金化のデメリット

 

楽天スーパーポイントを現金にするにあたって注意しておきたいデメリットがあります。

 

楽天スーパーポイントの現金化の注意点としては、

 

●一度金券を購入して販売または換金しないといけないこと
(手間になる。)

 

●購入した金券金額に対して、換金をするには手数料がかかるので、100%の金券額通りに換金することができない。

 

 

この2つが楽天スーパーポイントの現金化のデメリットとして主にあげられます。

 

 

 

結局楽天スーパーポイントをそのまま現金化できないのが残念です。

 

 

 

だいたい金券額の換金率の相場は95%くらいなので、5000円のギフト券を現金化しようとすると、5000円に95%をかけてだいたい4750円くらいなので、すくなくても250円はマイナスになると思っていた方がいいです。

 

 

 

楽天スーパーポイントを利用するのに一番いい方法は?

 

 

一番楽天スーパーポイントを使ういい方法は、
貯まったポイントをそのまま楽天市場または楽天グループで利用する。

 

 

これが間違いなく一番お得です。

 

 

 

楽天グループも見ていくと、結構いろんな場所でポイント利用ができます。

 

  • 楽天市場(ネットショッピング:いろんなものが買える)
  •  

  • 楽天ブックス(本・CD・DVD)
  •  

  • 楽天トラベル(旅費・宿代)

 

上記は楽天グループの一部です。

 

楽天グループでのポイント利用はポイントの価値がマイナスになることなくお得に利用が可能です。

 

 

 

楽天スーパーポイントを楽天以外で使いたい

 

楽天スーパーポイントを楽天以外で利用するとなれば、楽天Edyがおすすめです。

 

 

楽天Edyは楽天というよりも電子マネーとして日常生活の場で1ポイント=1円として普通に買い物ができます。

 

 

結構メジャーなところで使えます。

 

 

楽天Edyが使えるお店として例をあげると、

 

セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートのコンビニ、イトーヨーカドーのスーパー、マクドナルドなど幅広く使えます。

 

 

楽天Edyの利用可能な店舗的には約38万店舗のお店で使えるので、ほぼ日常で利用しているいずれかのお店で使えるのではないかなと思います。

 

 

まとめ

 

楽天スーパーポイントを現金化することはできますが、金券からの換金になるので、手間にもなるしポイント自体の価値がさがります。

 

 

現金にこだわらない方は、楽天関係での利用がベストで、もっとたくさんのお店で利用した方は、楽天Edyがいいと思います!!