楽天カードの審査に本人確認の電話

楽天カードの審査に本人確認の電話はあるのか?ないのか?

楽天カードは審査時に電話確認はあるのか?

 

楽天カードを作ろうかなと思っているけど、カード申込の審査をする中で職場や自宅に本人確認の電話がかかってくるのはちょっと嫌だなと思う方っていませんか?

 

 

自宅ならまだしも職場に本人確認の電話がかかってきたら忙しい中仕事を中断して電話に出ないといけないですし、またカードを作成していることをわざわざ周りのスタッフに公開することにもなりかねます。

 

 

仲のいい職場でフランクでゆったりしているような会社ならいいのですが、職場内の空気が張り詰めている所の場合でこんな本人確認の電話がかかってきたとしたら困ったものです。

 

 

今回はそんなカード審査時の本人確認の電話が楽天カードにはあるのか?ないのかについて詳しく調べてみたので、ご紹介したいと思います。

 

 

楽天カードの本人確認の電話の有無とは?

 

まず楽天カード/楽天PINKカードの申込時の審査中における本人確認の電話があるかないかでいうと、安心してください基本、本人確認の電話はありません。

 

 

ネットで楽天カードに実際に申し込んだ方のケースを調べてみても99%の方が楽天会社から電話はかかってこなかったそうです。

 

 

私自身も楽天カードに申し込んだとき一切本人確認の電話はありませんでしたし、友人に楽天カードを紹介して申し込んだときも連絡はなかったです。

 

 

楽天カードは申込者が大変多くまた入会者を増やすために面倒な本人確認の電話は重要視していないようです。

 

 

どちらかというと審査が難しいと思われるパートアルバイト/専業主婦/学生/年金受給者/無職(ニート)でも本人確認の電話はありません。

 

 

 

楽天カードはクレジットカードなのできちんと審査も行っていますが、本人確認の電話があるないでいうと、ほとんど連絡はかかってこないという風にみて問題ないとみていいでしょう。

 

楽天カードに申込してみる・または楽天カードの詳細情報を確認してみる

楽天カード公式サイト

 

 

さきほどあげた本人確認の電話がない99%の残り1%の電話確認のある方はよほどのことで電話確認が必要とされる方となっています。

 

 

ではその電話がかかってくる1%はどんな方なのかがちょっと気になりますよね。続いてはどんな方が楽天カードの電話確認が必要になるかを紹介してみたいと思います。

 

本人確認の電話がある場合の4つのケース

 

99%の方が楽天カード会社から本人確認の電話がないのですが、残り1%確認の電話があります。
どんなケースだと本人確認・在籍確認の電話がかかってくるのか見てみましょう!

 

 明らかにおかしい入力ミス・誤りがあるケース

 

パソコンやスマホの入力ミスくらい誰だってするから、意外と電話あるんじゃないの?って思ったかもしれませんが、あくまでも電話があるのは明らかにおかしい入力ミス・誤り」があるケースのみです。

 

明らかにおかしい入力ミスってどんなケースかというと例えば、

 

  • 住所が東京都足立区足立2200009-45-8とか
  •  

  • 生年月日が1782/7/8とか

 

例を作ってみたのですが、2つともありえないですよね。

 

 

東京都の足立に220万番地みたいなところはありませんし、生年月日で1782年ってもし生きていたら200歳をとうに超えています。

 

 

なにかと勘違いして間違えて入力したり、入力ミス・入力誤りで大幅に文字の意味や数字が変わってしまったりするときちんとした審査ができないだけでなく、とくに住所などをミスしている場合は楽天カード自体の郵送ができないということになってしまいます。

 

 

これらのありえない明らかなミスやおかしいものについては審査中において一度本人確認の電話をする対象となってしまいます。

 

 

楽天カードは機械で審査情報をチェックするといわれていますが、こういったあきらかなおかしい情報についてはきちんとはじかれて確認が取られるようになっています。

 

●POINT!
入力ミス・入力誤りはしない!!
申込において一通り個人情報を入力したら必ず間違えないかチェックしましょう!

 

 

 職場が変わっているケース(転職など)

 

今現在楽天カード/楽天PINKカードとは別にクレジットカードを所持していて、そのクレジットカードに登録されている職場の勤務先情報が楽天カード申込したときに入力した勤務先情報と違いがあった場合に本人確認・在籍確認の電話が職場にあるようです。

 

 

楽天カード/楽天PINKカードがはじめてのクレジットカード申込だった場合は、在籍確認の電話はないと考えていいでしょう。

 

 

もしも今持っているクレジットカードの勤務先の情報とこれから申し込む楽天カードの情報が転職などによって違いがあることが見受けられる方は今もっているクレジットカードの勤務先情報を前もって変更しておくと電話がかかってこないので安心できます。

 

 

クレジットカードの個人情報については、クレジットカードの利用明細などが見れる管理サイトまたはカード裏面にあるコールセンターに連絡して変更していくといいかなと思います。

 

 

●POINT!
クレジットカードをすでに持っている場合、そのカードを作るときに登録した会社情報が現在のカード情報と違う場合に本人確認・在籍確認の連絡がかかってくる。

 

連絡がかかってこないようにするためには前もって仕事場・勤務先情報を変更しておくようにしましょう。
持っているカードの管理サイトまたはカードのコールセンターに電話することで情報の変更が可能です!

 

 

 

 今まで借金・分割・ローン契約をしたことがないケース

 

今まで借金・分割・ローン契約をしたことがないと電話確認がある場合があります。

 

 

えっ借金やローンをしたことがないケース?

 

 

私は常に支払いは一括主義だから借金なんかしたことがない。。。

 

 

この場合だと電話がかかってくるの?

 

・・・って思うかもしれませんが、この借金をしたことがないケースというのは、携帯電話の分割払いもしたいことがないということになります。

 

 

携帯電話の分割払いもりっぱな分割払いです。携帯の分割は毎月の通話料金などと一緒に引き落とし・支払いをする形になるので、個人で分割払いをしている感じはないと思いますが、携帯の機種代金を24回とか36回とか選択すると携帯電話会社に借金をして返済するという形にしっかりなっています。

 

 

借金・借入・分割・ローン・携帯電話の分割払い自体も組んだことがない方については、絶対ではありませんが、本人確認の電話がかかる可能性があります。

 

 

●POINT!
借金・分割・ローンを一切組んだことがない。今までクレジットカードを持ったことがない。携帯の機種代金の分割もしたことがない。

 

このような方は絶対ではありませんが、本人確認・在籍確認の連絡がある可能性があります。

 

 

 申込者が未成年のケース

 

楽天カード/楽天PINKカードは18歳〜19歳までの未成年については、両親宛に確認の電話がかかるようになっています。

 

 

この場合アルバイトなどの職場にかかるということではありませんが、両親にはかならず一言「楽天カードを作るからね!確認の電話がかかってきたら対応頼むね!」と断っておく必要があります。

 

 

両親の同意なしに楽天カードの発行はできかねるので注意しましょう。

 

 

●POINT!
18〜19歳の高校生を除く未成年の場合は、両親あてに確認の電話がかかってきます。
前もって楽天カード申込をする前に一言電話がかかってきたら対応をするようにお願いしておきましょう!

 

 

 

まとめ

 

いろいろ本人確認・在籍確認のあるケースをお伝えしてきましたが、

 

楽天カード/楽天PINKカードの申込において審査の本人確認・在籍確認の電話はほとんどといっていいほどありません。

 

 

電話がかかってくる可能性があるケースをおさらいすると、

  • あきらかにおかしい入力ミス
  •  

  • 職場が以前と違う(持っているクレジットカードの登録されている勤務先情報)
  •  

  • 借金・分割・ローンを一度もしたことない(携帯機種分割など)
  •  

  • 未成年の申込

 

上記のケースが主な本人確認のある場合となっています。

 

 

今回電話がかかってくるケースを抽出しましたが、基本的には電話はないと思って大丈夫なので心配しなくてもいいと思います。

 

 

基本的に本人確認の連絡がなくスムーズに作ることができる楽天カード。気になる方は楽天カード公式サイトよりぜひ作ってみてください。

 

 

楽天カードのお申し込みや詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

【買い物した金額の1%が貯まるYahoo! JAPANカードキャンペーン開催中!】↓↓

 

 

 

 

 

 

当サイト人気記事TOP10

page top