楽天カードの審査に通る為に気を付けること。

楽天カードの審査を受けるときに気を付けることとは?

楽天カードの審査通過するために気を付けたいこと

 

楽天カードは審査の通りやすいクレジットカードとして有名ですが、

 

必ずしも審査が100%通るとも限りません。

 

 

カード入会にあたって気を付けておきたいことを今回はまとめてみました。

 

 

 

楽天カード審査の気を付けておきたいこと

 

楽天カードの申込において気を付けておきたいこと、それは審査の時に入力する情報です。

 

入力する情報は必ず正しい情報の入力と最大限のアピールの2つについて

 

気を付けておくようにしましょう。

 

 

 

 

審査の気を付けておくこと@ 正しい情報の入力

 

 

まず正しい情報の入力については、申込む人の信用度を見られます。

 

申込む相手の立場にたって考えてみれば分かると思いますが、

 

誤字や脱字が多かったり、ウソの情報を入力する人って信用ができないと思います。

 

 

 

 

どのカードの支払い方法においても一時的にはカード会社が代わりに支払いをするものになるので、

 

立て替えて代金の支払いをしたのにお金を回収できないとなると、

 

カード会社もたまったものではありません。

 

 

 

 

クレジットカードはあくまで信用が第一です。

 

 

 

 

 

またウソの情報を入力してごまかしたとしても、

 

カード会社のバックには、個人情報を管理している情報機関がついているので、

 

借金やローンなどの借入情報はすべて把握しています。

 

 

 

 

 

ウソをついてもかならず最終的にはバレるので最初から信用度を落とさないように

 

正しい情報を入力するようにしましょう。特に誤字・脱字には気をつけましょう!

 

 

 

 

 

審査の気を付けておくことA 最大限にアピール

 

 

さきほどまとめたように正しい情報の入力はもちろん大事ですが、

 

自分の情報でアピールできるものは存分に見せつけましょう!

 

 

 

 

例えば電話番号も一つの例です。

 

 

 

 

連絡先として携帯電話を情報入力するだけの方がいますが、

 

カード申込の時は自宅の電話番号を入れたほうが断然審査は有利です。

 

 

 

 

自宅電話番号は携帯電話より、住んでいる住所との兼ね合いのある情報になるので、

 

個人信用度が高い情報になります。

 

もし自宅の固定電話を持っている場合は、携帯電話と一緒に二つとも同時に入力するのが

 

アピールにもつながり信用アップにつながります。

 

 

 

 

審査でよく見られる年収の記載もアピールポイントの一つです。

 

 

 

 

年収の考え方で、手取りで計算をしているかたもいますが、

 

カード申込の年収記載は税金が引かれる前の金額でOKなので

 

総支給で年収計算したほうがいいです。

 

 

 

 

カード申込の年収計算は

 

総支給×12+ボーナス賞与でOKです。

 

 

 

 

他にも預貯金の記入なんかも任意で入力できるところがあったりしますが、

 

できるだけ情報入力できるところはすべて埋めるくらいの勢いで入力してアピールするのがベストです。

 

 

 

 

まとめ

 

楽天カードの入会審査において気を付けておきたいことは

 

正しい情報入力としっかり自分自身をアピールすることでした。

 

 

 

 

カード審査が否決にならない為にも

 

ウソをつかず間違いを知らせずきちんと自分をアピールするように

 

申込むときには注意しましょう!!

 

 

 

 

 

 

楽天カードのお申し込みや詳細はこちら

 

 

 

 

↓↓楽天カード入会キャンペーン実施中♪(キャンペーンは9月25日まで)↓↓