楽天カードの問い合わせ先と電話するときの注意点

楽天カードの問い合わせ先と電話するときの注意点について

楽天カードの問い合わせ先と注意点について

 

今回は楽天カードの問い合わせ先と電話をするときの注意点についてまとめてみました。

 

今年の汚れは今年のうちにというわけではありませんが、

困ったことは今年中に解決しておきたいですよね。

 

楽天カードで困ったこと・確認したいことは楽天コンタクトセンターに電話しましょう!

 

 

楽天カードの問い合わせ先

 

楽天カードの問い合わせ先は下記のとおりです。

 

●楽天カードコンタクトセンター●

 

電話対応時間:9:30〜17:30

 

0570−66−6910(有料)

 

または

 

092−474−6287(有料)

 

どちらに電話をしても大丈夫です。

 

 

どちらにかけてもまずは自動音声による受付が始まります。

 

自動音声の案内で自分が確認したい大まかな内容を選択します。

 

 

 

自動音声の内容は以下の通りです。

 

@各種申込

 

@楽天ETCカードの申込

 

A家族カードの申込

 

B海外旅行傷害保険ガイドの送付依頼

 

Dキャッシングの申込

 

F口座登録・変更用紙送付依頼

 

A各種照会

 

@カードの利用可能額の確認

 

Aカード利用残高の確認

 

Bカード暗証番号の確認

 

B各種変更

 

@お客様基本情報の変更

 

Cカード暗証番号の変更

 

Gカード解約の手続き

 

C支払い関連

 

@カード利用残高の一括精算

 

Aカード利用残高の一部支払い

 

B当月の請求分の確認

 

0 その他の支払いに関する問い合わせ

 

Dカードの作り直しについて

 

@カードの磁気不良・破損

 

A氏名の変更(改姓・改名)

 

Eリボ関連

 

@自動リボの登録と解除

 

A後リボの申込

 

Bリボ支払いコースの変更

 

Cリボまとめ払いの申込

 

0 その他のリボに関する問い合わせ

 

F楽天e−navi・キャンペーン・ポイントに関すること

 

0 カード申込検討中の方の問い合わせ・その他の問い合わせ

 

 

自動音声でここまでの分類がされています。

 

自動音声については音声がしゃべっているときに数字を押して

 

どんどん進むことが可能です。

 

 

 

例えば

 

楽天ETCカードの申込をしたいのなら

 

「@各種申込」の「@楽天ETCカードの申込」になるので、

 

@を押した後に次にまた@を電話のボタンで押していけばOKです。

 

 

 

もう一つ例をあげましょう。

 

自動リボの登録を行いたいのなら

 

「Eリボ関連」の「@自動リボの登録と解除」になるので

 

Eを押した後に次に@を電話のボタンで押していけばOKです。

 

 

 

 

上の自動音声の分類に自分の確認したいこと・登録したいことなどがない場合は

 

「0 カード申込検討中の方の問い合わせ・その他の問い合わせ」の

 

0 をすぐに押せば大丈夫です。

 

 

 

楽天カード問い合わせの注意点

 

楽天カードの問い合わせの仕方はここまで紹介してきたとおりですが、

 

問い合わせにおいて注意点があります。

 

 

 

楽天カード問い合わせの注意点それは・・・

 

「問い合わせは無料ではない」ということです。

 

 

 

楽天カードの問い合わせはフリーダイヤルではありません。

 

電話をかければかけるほど通話料がかかっていきます。

 

 

 

最近では携帯・スマホのサービスで「カケ放題」というものもありますが、

 

楽天カードの0570〜始まる問い合わせはカケ放題対象外です。

 

 

 

楽天カードの0570から始まる電話は

 

ナビダイヤルと言われるものになっていて、

 

固定電話で3分8.64円。携帯電話で20秒ごとに10円かかるといわれています。

 

 

 

しかもこの通話料は電話がつながってから

 

すぐ「ナビダイヤルでおつなぎします。20秒ごとに・・・」とガイダンスがはじまりますが、

 

この時からすでに通話料が発生するようになるので、

 

混みあっていて担当者につながるまでに時間がかかってしまった場合は、

 

膨大な通話料を請求されるということになります。

 

 

 

もし通話が長引いて15分問い合わせに時間がかかったことを想定して考えてみると

 

固定電話で129.6円。

 

携帯電話で450円。

 

このように通話料金がかかってしまうようになります。

 

 

 

めったに電話することもないから別にいいという方もいるかもしれませんが、

 

この点については注意しておいた方がいいです。

 

 

 

私自身楽天カードに問い合わせをしたことがありますが、

 

私が楽天コンタクトセンターに電話をするときは、

 

092−474−6287の方に問い合わせの電話をかけます。

 

 

 

092から始まる電話番号なのでこちらは福岡県の市外局番になります。

 

 

 

市外局番であれば固定電話にかけるのと同じ待遇なはずなので、

 

カケ放題であれば無料で問い合わせをすることができます。

 

 

 

カケ放題でない場合は、電話会社やプランによって通話料金が違います。

 

 

 

一つ例をあげると

 

auのスマホのLTEプランだった場合は、

 

固定電話への通話料金が30秒20円となるので、

 

1分あたり40円かかることになるので、

 

この場合は市外局番にかけるよりもナビダイヤルにかけた方がいいのではないかと思います。

 

ナビダイヤルは20秒ごとに10円なので。
(1分あたり30円の換算)

 

 

楽天カードコンタクトセンターの通話がつながりやすい時間帯

 

楽天カードのコンタクトセンターには通話のつながりやすい時間帯があります。

 

下記画像は年末年始のコンタクトセンターの混雑状況を表したものになります。

 

楽天カードコンタクトセンターの年末の混雑状況

 

はっきりいって年末年始はどこの時間帯も多いですね。

 

時間帯にかけても多いことには間違いありませんが、

 

その中でもつながりやすい時間帯は、「14:00〜17:30」の時間帯になります。

 

 

 

楽天カードの問い合わせをするのなら

 

できるだけ午後の14時以降に電話するのが好ましいと言えます。

 

 

 

これは年末年始に限ったことではないと思います。

 

かける時間がとれず今しかないという場合はしょうがありませんが、

 

できるだけ楽天カードの問い合わせをするのなら

 

14:00〜17:30の時間帯が一年を通して理想的だと思います。

 

 

まとめ

 

楽天カードの問い合わせ(コンタクトセンター)の電話番号は、

 

0570−66−6910(有料)

 

または

 

092−474−6287(有料)

 

のいずれかになります。

 

 

 

どちらもフリーダイヤルではないので、手短に電話する必要があります。

 

 

 

ナビガイダンスについてはあらかじめ内容を確認しておいて

 

電話がつながったらすぐに自分の希望の内容にいけるように

 

どの番号を押したらいいか把握しておくようにしましょう。

 

 

 

 

コンタクトセンターの2つの番号はどちらにかければいいかというと、

 

スマホ・携帯のカケ放題の場合は092〜始まる方にかけましょう。

 

こちらにかければ市外局番の固定電話扱いでいけるはずなので通話無料で

 

話をすることができます。

 

 

 

スマホ・携帯でカケ放題がない場合は、
0570〜のナビダイヤルにかけるといいと思います。

 

 

固定電話から電話をする場合は、
092〜の市外局番の方にかけるのがいいと思います。

 

 

 

問い合わせの込み具合によってはかなり待たされる可能性があり、

 

待つ時間中他のことができなかったりもするし、通話料はどんどん加算されていくので、

 

仕事中のあいまなど時間があまりないときには問い合わせはしないようにしましょう!!