楽天カード 審査 受かるコツ

これで安心!楽天カード審査に受かるための5つのコツ

楽天カードの審査に受かるためのコツ

 

クレジットカードを作るうえで必ずやらないといけないのがカード審査です。

 

 

カード審査では、収入や職業、家族構成、持ち家、今までのカード利用実績などのいろんな要素を見られ総合的にカードを利用しても問題ない人物かどうか判断されます。

 

 

カード審査においてあまり自信のない方にちょっとでも審査に受かりやすくするための5つのコツ・ポイントをまとめました。

 

 

審査のポイント@ 基本的に嘘をつかない。正しい情報を入力

 

 

カード審査の時に入力する情報は正しい情報を入力するのがベストです。

 

 

審査入力画面で偽って入力してもわからないから、大丈夫だろうと思っても、普通にバレてます。

 

 

クレジット業界のネットワークは想像しているより情報収集がしっかりできています。

 

 

例えば消費者金融など借金が20万円などあったとして、借金が0円ですと記述したとしてもバレますし、その嘘が信用度のマイナスにもなるので、きちんと借金がある場合は表記しましょう。

 

 

ただ、完全にきっちりした情報をかならず入れないといけないわけでもありません。

 

例えば年収が319万だとした場合、320万などで入れても大丈夫です。

 

 

あとは、入力ミスにも気を付けます。

 

きちんとした情報を入力すれば、審査に受かる方でも、正しい情報を入力していないばっかりに不備や虚偽扱いで、審査に落とされるということもあります。

 

 

氏名・住所・連絡先・勤務先など入力ミスにも気をつけ正しい情報を提示しましょう。

 

 

 

審査のポイントA 自宅連絡先の入力をしたほうが有利

 

 

クレジットカードの申込においての連絡先の入力は自宅連絡先または携帯も合わせて両方あったほうが審査は有利になります。

 

 

なぜ、自宅連絡先があったほうが有利なのかというと、クレジットカードの会社にとって、より確実に連絡がとれる手段だからです。

 

 

自宅連絡先というのは、現住所と直接つながっている情報のため信用力が高いです。

 

 

それに対して、携帯については現住所とは関係がないですし、携帯は簡単に電話番号も変えることができてしまうため、信用力は薄くなります。

 

 

一番いいのは、自宅・携帯の両方入力

 

続いて、自宅電話番号のみ

 

最後に携帯電話のみの順になります。

 

 

クレジットカード会社は信用を第一と考えているので、自宅連絡先をもっていれば必ず入力しましょう。

 

 

 

審査のポイントB 短期間に複数のカード会社申し込みはNG

 

 

クレジットカードの会社は情報を共有しています。

 

 

他のカード審査に通っていたとしても、短期間に複数のカード申し込みをしているのは、カード会社にとって、あまり印象がよくありません。

 

 

短期間でカード申し込みを複数すると、カード審査も徐々に通りにくくなるので、一度にたくさんの申し込みはしないようにしましょう。

 

 

 

審査のポイントC 希望のクレジットカードの審査に通らない場合

 

 

希望のクレジットカードの審査になかなか通らない場合は、まず審査に通りやすいクレジットカードを取得してそのクレジットカードを利用して、しばらくカードを使って問題がない・信用があるという実績を作ってから、再審査に挑戦するとカードが作れることもあります。(クレヒスを作る)

 

 

あせらずに信用という実績をつくるというのが大事です。

 

 

楽天カードは審査の通りやすいカードなので、まず楽天カードを作って、信用度をあげて他のカード申込に挑戦するのもいいと思います。

 

 

審査ポイントD 審査に一度落ちてしまったら。

 

 

クレジットカードの審査に落ちてしまったら、同カード会社の申込には期間を開ける方が良いです。

 

 

だいたい半年くらい間をあければ審査してダメだった評価は戻ると言われています。

 

 

同カード会社の申込には期間が空いてしまうので、審査に受かりにくいカード会社を申し込むときには注意が必要です。

 

 

まとめ

 

今回はクレジットカードの審査に受かるためのコツを紹介してきました。

 

このコツは楽天カードをはじめとしてどのカードでも気を付けておきたいポイントになります。

 

 

上記であげてきたポイントをまとめると、

 

クレジットカードの審査はとにかく信用が第一だということです。

 

 

嘘はつかない。正しい情報を入力するのが一番です。

 

あとはできるだけプラスになる情報(自宅連絡先とか)も逃さず入れましょう。

 

 

 

審査に一度落ちてしまうと、半年くらい期間を開けないといけなくなるので、審査が通るかどうか不安な方は、楽天カードみたいな通りやすいカードを狙うのがいいと思います。

 

 

 

 

 

楽天カードの申込・キャンペーン情報はこちら

 

 

 

↓↓楽天カード入会キャンペーン実施中♪(キャンペーンは9月25日まで)↓↓


この記事を読まれた方は、こんな記事も読まれています。