最新楽天カードニュース 12月12日更新
今楽天カードに入会して、入会後にカード利用すると(金額ノルマはなし)、7000円分のポイントが貰えるようです!いつもより入会特典がお得!

>>>詳しいキャンペーン詳細はこちら

楽天カードがアメックスブランドのカードを作れるようになりました。

 

 

2018年9月25日より楽天カードに新たなカードブランドの取扱いが増えました。

 

 

今回増えたカードブランドはアメリカン・エキスプレス・カード通称アメックスになります。

 

 

これで楽天カードを作成するにあたっては、VISA・Mastercard・JCB・AMERICAN EXPRESS(アメックス)の4つのカードブランドから好きなものを選んで作れるようになっています!

 

 

VISA・Mastercard・JCBのクレジットカードをすでに持っている方もけっこう多いと思うので、嬉しいと思う方も中にはいるのではないでしょうか。

 

 

今日はそんなアメックスを取り入れた楽天カードについてお話ししてみたいと思います。

 

アメックスはどんなカードブランドなの?

 

 

そもそもアメックスがどんなカードブランド会社なのか、どんなメリットがあるブランドなのか知らない方も中にはいると思うので解説しておきます。

 

 

アメックスは正式名称としてはアメリカン・エキスプレス・カードといい、アメリカの企業が本社のカードブランドになります。カードブランドシェアとしては世界シェア4位のカードブランドとなっています。

 

 

アメックスブランドの大きなメリット・特徴としては「カードステータスの高さ」と「カード優待サービス」が受けられるという2つがあげられます。

 

 

それでは一つずつ説明していきますね。

 

メリット@カードステータスの高さ

 

まずカードステータスの高さというのは、いわゆるカードの信頼度の高さを表しています。

 

 

他のカードブランドよりもアメックスの方が信頼度が高い理由としては、審査ハードルの高さがあげられます。カード審査ハードルがアメックスは他のカードよりも若干高めとなっています。

 

 

その高めの審査をクリアして発行してあるのであれば、この人はその厳しめの審査にも通って作られているというステータスになります。

 

 

なのでよく発行されているVISAカードなどよりもアメックスを持っているとステータスが高く信頼度が高いカードを持っているということをアピールすることができます。

 

 

メリットAカード優待サービス

 

もう一つのアメックスのメリットとしてあげられるのが、カード優待サービスがあるところです。

 

 

どんな優待サービスかというと、アメリカン・エキスプレス・コネクトと呼ばれるサービスで、かんたんに言うと、アメックスが提供するお得な情報・キャンペーンを集めたネットサイトを利用することができます。

 

 

このアメリカン・エキスプレス・コネクトのサイトには、旅行・食事・ショッピングといった幅広い分野の優待特典が集められています。

 

 

日本国内で代表的なもので言えば、コンビニでのお会計金額が最大20%割引になったり、ニトリなどのお店でキャッシュバックサービスを受けることができたりします。

 

 

アメックスの4つのデメリット

 

アメックスはカードステータスの高さとカード優待サービスがあるメリットをお伝えしてきましたが、デメリットもあります。

 

 

続いて今度はアメックスの4つのデメリットを紹介していきます。

 

 

デメリット@楽天カードはカード優待サービスがない

 

さきほどお伝えしたメリットのカード優待サービスですが、残念ながら楽天カードのアメックスについては付帯されていない現状なようです。

 

 

こちらについてはまだ楽天とアメックスが提携を結んだばかりなのが理由かもしれないので、今後優待サービスが使えるかどうかは要注意といった感じです。

 

 

 

デメリットA日本国内では意外と使えない

 

アメックスはステータスの高いカードでよいカードブランドだとは思いますが、日本国内では取扱い店舗が比較的少ないです。

 

 

VISA・Mastercard・JCBなどと比べるとアメックスの使えるお店の方が少ないと考えてよいと思います。

 

 

カードブランドのステータスの高さを考えないのなら無難にVISAが一番いいように思います。

 

 

 

デメリットBアメリカ以外の海外は意外と弱い

 

さきほど日本国内で意外とアメックスが使えないという話をしましたが、だからといって海外での取扱い店舗が多いわけでもないようです。

 

 

アメリカン・エキスプレス・カードという名前だけあって、アメリカやカナダについては利用できるお店・店舗は非常に多いようですが、その他の海外については比較的利用できる店舗が少ないようです。

 

 

 

デメリットC海外キャッシング対応外

 

楽天カードのアメックスブランドは海外キャッシングに対応していません。

 

 

申込をするときにアメックスブランドを選択すると、注意事項として「海外のキャッシングサービスはご利用いただけません」という表示が出てきます。

 

 

海外でのキャッシングを今後一切利用する予定がない方は関係ないかもしれませんが、今後海外でのカード利用や海外キャッシングをするかもしれない方についてはデメリットになるところだと思います。

 

 

 

まとめ・総評

 

ここまでアメックス・エキスプレス・カードの特徴と楽天カードにおけるアメックスのカードメリット・デメリットについてお伝えしてきました。

 

 

内容をまとめておきましょう。

 

■アメックスのメリット・デメリット

 

・アメックス
⇒アメックス・エキスプレス・カードの略称。アメリカが本社のカードブランド。世界シェア第4位

 

・メリット
⇒ステータスが高い/アメックス優待サービスが手厚い

 

・デメリット(楽天カード・アメックスの)
⇒楽天カードは優待サービスに対応していない。アメリカ以外では利用しにくい。海外でのキャッシングができない。

 

 

かんたんにここまでの話した内容をまとめると上記のような感じでした。

 

 

 

正直なところ、楽天カードでわざわざアメックスブランドにするメリットはあまりないように思います。

 

 

ステータスについてもアメックス自体が発行するアメリカン・エキスプレス・カードであれば審査ハードルも高く、自慢できるものになると思いますが、楽天カードだとそうはならないように思います。

 

 

またその他のデメリットを見ても、使える店舗が少なかったり、海外キャッシングができないなど制限が多いので、めちゃくちゃいいカードブランドですとは正直なところいいがたいです。

 

 

これから初めてクレジットカードを持つのならVISAやJCBを持つ方が絶対にいいように思います。

 

 

VISAやJCBを持つ方がネットショッピング〜飲食店などはじめとする実店舗で大概利用することができるのでおすすめです。

 

 

ただこれまでクレジットカ―ドをすでに複数枚持っていてVISA・MasterCard・JCBを持っているということならアメックスを1枚くらい持っていてもいいのではないかなと思います。

 

 

以上、楽天カードがアメックスブランドのカードを作れるようになりましたについてでした。

 

 

ちなみにアメックスブランドの楽天カードデザインについては、通常デザインのみで楽天カード(白)と楽天PINKカード(ピンク)の2種類のみが発行となっています。

 

 

筆者としては楽天カードのアメックスブランドの評価は正直なところ△という感じです。皆様の参考になればと思います。

 

 

 

 

 

 

当サイト人気記事TOP10